漢方で花粉症治療

美容に良い薬膳の食材

花粉症治療に効果のある漢方をご紹介していきます。
花粉症はアレルギー性鼻炎の一種で、鼻の粘膜が特定の物質に対して反応を起こし、くしゃみや鼻水、目のかゆみや充血などを伴う鼻炎のことを一般には言います。漢方の世界ではアレルギー性鼻炎は「冷え・鼻づまり・熱」の三つに大きく分類されます。
しかし、漢方は西洋の薬と違って「花粉症にはこの薬を飲めば効く」といったものではありません。使う人の体質や特にひどい症状に合わせて処方されます。

東洋医学では、花粉症とは「水毒」の状態であると考えます。簡単にいうと体内の悪い水が停滞しているから花粉症に対抗することができないのだと考えます。
悪い水が停滞しているのは胃腸の調子や冷えにあったと複数の原因が重なっているためと考えるので、漢方は身体の機能を全体的に修復して花粉症を治そうとします。
身体全体を改善する必要があるため、人によって処方が違うのです。
なので、漢方は薬と違って胃が荒れる心配も無く、かえって胃の調子も良くしてくれることもあります。

ここでは二種類の漢方を紹介しましょう。
一つ目は身体の冷えに効く「小青竜湯」です。花粉症特有の症状の鼻水や涙目に効くことはもちろん、身体を温め、寒気を取り除き咳にも効果があるので風邪にも有効です。花粉症の症状をとにかく和らげたいという人には「小青竜湯」が良いでしょう。

二つ目は疲労倦怠感に効く「八仙丸」です。こちらは体質を変えて、悪い水の停滞しない身体にすることで花粉症の予防が期待出来ます。
他にも漢方は体質や症状に合わせた処方がされるので、利用は薬剤師等に相談をしてからの方が良いでしょう。今回はご参考までに二つ紹介させて頂きました。